このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防犯・交通安全の中の子どもを犯罪から守るための講演会を開催しました。
本文はここから

子どもを犯罪から守るための講演会を開催しました。

2019年05月17日

子どもたちの安全、どう守る?~見守りのコツ、安全指導のコツ~

市民防犯のパイオニアとして、市民目線で安全を伝えるためのプロジェクト「うさぎママのパトロール教室」を主宰する武田信彦氏をお招きし、子どもたちを犯罪から守るための見守りや安全指導のポイントについて考える講演会を開催しました。
講演会では実技指導もあり、周囲を振り返って確認することの大切さや、怪しい相手から触れられないための距離感などを学びました。


日  時  5月9日(木) 13:30~15:30
 
場  所  新潟テルサ 大会議室
      (新潟市中央区鐘木185-18)

講  演  「子どもたちの安全、どう守る?~見守りのコツ、安全指導のコツ~」
       講師 武田 信彦 氏  うさぎママのパトロール教室主宰

参 加 者  130人

講演会の様子

主催者(県民生活課長)挨拶

講演(講師 武田信彦氏)

実技指導

実技指導

参加者へのアンケートでは、「あいさつの大切さを改めて感じた」「多くのボランティアに伝えたい」などの感想があり、「今後の防犯活動に役立つ」という回答を多くいただきました。この他、「自分にもできることがあると分かった」「見守りに対する関心が強まった」など、意欲的な感想も多く、高齢化や担い手不足など、様々な課題を抱える参加者にとって、日常の活動の重要性を再認識する貴重な学びの場となりました。

県では、犯罪のない安全で安心なまちづくりを推進するため、今後も防犯ボランティアの支援など「地域の防犯力」の向上を図るための取組を進めてまいります。