このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の高齢者・障害者・福祉の中の介護保険事業者の変更届に係る個人情報の紛失について
本文はここから

介護保険事業者の変更届に係る個人情報の紛失について

2019年05月13日
 県高齢福祉保健課が指定業務を行う介護保険の訪問介護事業者の変更届について、下記のとおり個人情報が記載された書類の紛失が判明しました。
1 判明日時
  令和元年5月13日(月) 午前9時30分頃

2 事案概要(経緯)
  平成31年4月10日頃 訪問介護事業者から変更届書と添付書類が提出される。
  平成31年4月中旬  不足書類について、県担当職員から訪問介護事業者へ電話連絡にて追加書類の提出を依頼。
  令和元年5月10日  訪問介護事業者から追加書類が郵送で提出される。
                既に提出されていた変更届出書及び添付書類がなくなっていることに気づく。(県担当者が所定の保管     
               場所など課内を捜索)
  令和元年5月13日  さらに文書収受担当者にも確認し、探したものの見つからないことから、シュレッダーにより廃棄したこと
               を含め、紛失の可能性が高いとの判断に至る。

3 紛失書類
  ○変更届出書
  ○添付書類(管理者経歴書、介護福祉士登録証写し)
   ※添付書類には、以下のとおり管理者の個人情報が記載等されている。
   ・管理者1名の氏名、生年月日、住所、これまでの経歴及び介護福祉士登録証写しに記載された登録番号、登録年月日、本籍地

4 対応状況及び今後の対応
 (1)管理者本人並びに訪問介護事業者に対し、書類が紛失したことを連絡し、謝罪した。現在のところ二次被害等は確認されていない。
 (2)引き続き、捜索を継続するとともに、個人情報を含む書類の管理の徹底など、再発防止のための対策を進めます。   
報道発表資料( 373 キロバイト)