このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の津南町産こしあぶらの放射性物質検査を実施しました
本文はここから

津南町産こしあぶらの放射性物質検査を実施しました

2016年05月10日
 津南町産こしあぶらは、平成26年度及び平成27年度の検査で食品衛生法の基準値を超える放射性セシウムが検出されたことから、県は津南町等に対し出荷及び食用の自粛を要請しています。
 今年度の状況を把握するため、採取したこしあぶらの検査を実施したところ、1検体から基準値を超える放射性セシウムが検出されました。
 なお、津南町産こしあぶらは、検査のため採取されたものであり、販売・流通しているものではありません。
 これまで、津南町産の他の山菜及び県内の他地域の山菜からは、基準値を超えたものはありません。
 津南町産の山菜について、引き続き調査を実施し、その結果を公表してまいります。
                                                                                                                    (単位:ベクレル/kg)
検査日 品名 採取場所  放射性セシウム 放射性ヨウ素
セシウム134 セシウム137 ヨウ素131
5/9 こしあぶら 津南町
下船渡
34 190 220 検出されず
(5.8未満)
5/9 こしあぶら 津南町
赤沢
11 73 84 検出されず
(5.1未満)
5/9 こしあぶら 津南町
谷内
4.8 27 32 検出されず
(4.3未満)
食品衛生法の規格基準(一般食品) 100 基準なし
注 カッコ内の数値(「○未満」の○)は検出限界値(※)です。
  表中の「検出されず」という表記は、検出限界値が○ベクレル/kgの測定で、放射性セシウムが検出されなかったことを意味します。

(※)検出限界値とは…測定において検出できる最小値であり、放射性物質の測定では、同じ機器で測定しても、検体毎に検出限界値は変動します。

報道資料(平成28年5月10日公表)(第18報)(PDF形式  97 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする