このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の住宅・土地統計調査
本文はここから

住宅・土地統計調査

2018年10月31日
この調査は、5年に一度行われます。住宅状況の現況や住宅事情、現居住以外の住宅・土地の保有状況などを明らかにし、住宅政策の基礎資料とします。

平成30年住宅・土地統計調査への回答、大変ありがとうございました

総務省統計局のページ
↑詳細はこちらをクリックしてください
(総務省統計局のページへ)

住宅・土地統計調査とは

○ 住宅・土地統計調査は、「統計法」(国の統計に関する基本的な法律)に基づいた基幹統計調査で、昭和23年から5年ごとに行われ、今回は15回目の調査に当たります。
○ この調査は、住生活に関する最も基本的で重要な調査で、全国約370万世帯、新潟県約8万1千世帯の方々を対象とした大規模な調査です。
○ 調査の結果は、国や地方公共団体における「住生活基本計画」の成果指標の設定、耐震や防災を中心とした都市計画の策定、空き家対策条例の制定などに幅広く利用されています。

調査事項

○ 住宅・土地統計調査では、主に次の事項を調査します。
・ 住宅等に関する事項:居住室数及び広さ、建築時期、耐震に関する事項など
・ 世帯に関する事項:世帯の構成、年間収入、通勤時間、入居時期など

調査の方法

○ 調査の流れは、国(総務省統計局)-新潟県-市区町村-指導員-調査員-世帯の流れで行われます。
○ 平成30年9月中旬から、新潟県知事が任命した調査員が、調査対象となった世帯に調査書類を配布します。
○ 世帯は、パソコンやスマートフォンなどインターネット又は紙の調査票で回答します。

個人情報は厳重に保護されます

○ 調査への回答内容は、「統計法」によって厳重に保護され、調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計の目的以外に使用したりすることは絶対にありません。
○ インターネット回答では、不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。

過去の住宅・土地統計調査

平成25年住宅・土地統計調査 結果の概要(PDF形式  959 キロバイト)
平成20年住宅・土地統計調査 結果の概要(PDF形式  363 キロバイト)