このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のようこそ知事室へ
本文はここから

ようこそ知事室へ


新潟県知事

新潟県知事の花角英世です。

新潟県民の皆様の安全と安心を確保することを第一に、同時に
活力ある新潟をつくり、多くの皆様が新潟に住んでいることを
誇りに思い、また多くの国内外の方が新潟に魅力を感じてきて
いただける新潟県を目指してまいります。

新潟県知事 花角英世

トピックス

第32回 全国経済同友会セミナーに出席しました(平成31年4月11日)

 全国から経済同友会会員の皆様、1,200名を超える企業経営者が一堂に会する「第32回全国経済同友会セミナー」に出席しました。
 知事は、「新潟県の抱える最も深刻な課題である人口減少問題に立ち向かうため、若い方を中心として、自己実現ができる多様な働く場の創出を目指し、起業・創業や新分野への進出など、意欲ある企業への支援により、挑戦しようとする人や企業が多く生まれ、集まっていただける環境を作ってまいりたい。」と挨拶しました。

全国経済同友会セミナー(朱鷺メッセ)

「森林整備と財源のあり方検討委員会」の検討結果について報告を受けました(平成31年4月10日)

 森林の公益的機能の維持・保全を図るために必要な森林整備と財源のあり方に関し、有識者などからなる委員会での平成30年度の検討結果について、会長から報告を受けました。
 報告を受けた花角知事は、「森林整備にかかる様々な課題をご指摘いただきありがとうございます。今年度も引き続き検討をお願いします。」と答えました。

「森林整備と財源のあり方検討委員会」検討結果報告(知事室)

アルビレックス新潟レディースの奥山監督、上尾野辺選手、阪口選手の表敬訪問を受けました(平成31年4月9日)

 開幕中の2019なでしこリーグにおいて好調な滑り出しを見せているアルビレックス新潟レディースの山本社長、奥山監督、上尾野辺選手、阪口選手が、今年の決意や抱負を力強く知事へ伝えました。
 「どれか一つはタイトルを取りたい。」と力強く語る奥山監督に対し、知事は、良い成績の報告に再び来られることを「ぜひお待ちしています。」と応えていました。

アルビレックス新潟レディース表敬訪問(知事室)

新潟水俣病被害者の方々と面会しました(平成31年4月5日)

 新潟水俣病の現状把握のため、環境と人間のふれあい館を視察するとともに、水俣病被害者の方々からお話を伺いました。
 知事は、被害者の方々に対して「新潟水俣病問題に引き続き取り組んでいきます。」と話しました。

新潟水俣病被害者の方々との面会(環境と人間のふれあい館)

第1回「新潟の魅力を考える懇談会」を開催しました(平成31年4月4日)

 県民の皆様から新潟の魅力について主体的に考えていただくきっかけを作るため、専門的な観点から必要な意見及び助言をいただく、第1回「新潟の魅力を考える懇談会」を開催しました。
 知事は、「県民の皆様が改めて自分たちの足元に関心を寄せて、持っている物に気づく、そのうえでどう外の人たちに伝えていくか、表現していくかというところを考える。そういうきっかけをこの懇談会で作っていただきたい。」と話しました。

新潟の魅力を考える懇談会(自治会館)

十日町市観光協会長、十日町きもの女王の表敬訪問を受けました(平成31年4月3日)

 5月16日~19日に開催される「十日町きものGOTTAKU」の魅力や、4月~5月の「十日町きもの月間」で行われる、各種行事や取組について伺いました。
 知事は、「十日町きものGOTTAKUは、全国で唯一のきもの工場見学イベントであり、来場者が楽しむだけではなく、職人の皆さんの意識向上にも寄与している。近年外国の方からも着物などの日本文化が注目される中、本県への誘客拡大に向け、引き続き、連携して取り組んでいきたい。」と話しました。

十日町市観光協会長、十日町きもの女王の表敬訪問(知事室)

「緑の募金」街頭募金活動に参加しました(平成31年4月2日)

 地球温暖化の防止など、わたしたちの豊かな生活を支えてくれる森林の整備や緑化推進のために活用される「緑の募金」が4月1日から開始されたことから、新潟市本町通で街頭募金活動を行いました。
 知事は、主催者の(公社)にいがた緑の百年物語緑化推進委員会の平山理事長や新潟市の中原市長、胎内市緑の少年団とともに募金活動に参加し、森林整備や緑化推進の大切さと、その活動に活用される「緑の募金」の重要性を広くPRしました。

街頭募金活動(新潟市本町通)

新採用職員辞令交付式を行いました(平成31年4月1日)

 4月1日付けで採用された職員に辞令を交付しました。
 花角知事は新職員の代表に辞令を手渡し、「『発想は大胆に、実行は緻密に』、失敗を恐れず挑戦をして欲しい。一緒に新潟県の発展のために頑張っていきましょう」と挨拶しました。

新採用職員辞令交付式(西回廊講堂)

退職者辞令交付式で退職者に辞令を交付しました(平成31年3月29日)

 3月31日付けで退職する職員167名に辞令を交付しました。
 花角知事は退職者一人ひとりに「お疲れ様でした」と声を掛けながら辞令書を手渡し、退職者の労をねぎらいました。

退職者辞令交付式(西回廊講堂)

新潟県自殺予防対策推進県民会議、新潟県いのちとこころを守る県民集会を開催しました(平成31年3月28日)

 知事と自殺対策に取り組む団体や機関の代表者が働き盛り世代や高齢者の自殺防止対策などについて意見交換を行いました。また会議に引き続き、いのちとこころを守る県民集会を開催し、県内団体の実践報告や秋田県でのNPOによる自殺予防対策についての講義がありました。
 知事は「新潟県が自殺者数ゼロを目指すには、生活が安定し、心身ともに健やかな暮らしが営め、人と人がつながり、孤立しない社会を実現させること必要です」と話しました。

新潟県自殺予防対策推進県民会議(西回廊大会議室)

第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会 第4回総会を開催しました(平成31年3月27日)

 本年9月15日(日)から11月30日(土)までの77日間開催する「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の県実行委員会第4回総会を開催し、会長として出席しました。
 知事は、「本県での文化祭開催が盛り上がるよう取り組む。また、文化祭開催後もレガシーとして残り、価値ある行事となるよう取り組む。」と話しました。

国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会総会(自治会館)

第2回新潟県農業改革基本戦略推進会議を開催しました(平成31年3月26日)

 農業者の経営の幅を広げ、所得向上を図るため、関係機関・団体が現状認識と方向性を共有し、園芸生産の拡大に向けて一体となって取り組むための基本戦略を策定することを目的に、標記会議を開催しました。
 知事は、「戦略を実行に移していく中で、本県農業の足腰を強くし、まさに成長産業として伸びていくというように進めていきたい。成功事例、優良事例を各地で横展開できるように取り組んでいきたい。」と話しました。

新潟県農業改革基本戦略推進会議(201会議室)

国道253号上越三和道路(寺IC~鶴町IC)の開通式に出席しました(平成31年3月24日)

 上越地域と魚沼地域を結ぶ、上越魚沼地域振興快速道路の一部である上越三和道路(寺IC~鶴町IC)の開通式に出席しました。
 知事は、「上越魚沼地域振興快速道路の一日も早い全線開通を始めとする、県内の道路整備を着実に進めていきたい。」と挨拶しました。

上越三和道路開通式(上越市)

新潟県防災会議を開催しました(平成31年3月22日)

 本県の防災施策を議論する「新潟県防災会議」を会長として開催し、防災関係機関の皆様や有識者の方々と「新潟県地域防災計画」について議論を行いました。
 知事は、「自然災害が頻発化、激甚化する中、県民の皆様の生命・財産を守るため、関係機関の皆様からご協力をいただきながら危機管理体制の整備を図っていきたい。」と話しました。

新潟県防災会議(西回廊講堂)